雑談です。

ライトノベルなどの作品でアニメ化等されたものの名称で検索すると、ナレッジグラフにて「原作」「リメイク」とを分けて認識していることがわかりました。

 

過去と現在の検索結果比較

一応従来からも曖昧に分類はしていた感じ。

「中二病でも恋がしたい!」

(過去)2015/3/20「ナレッジグラフ反復横跳びなど、読んでもSEOスキルが全然上がらなそうな検索ニュースまとめ(3/14~3/20)」より

「関連作品」と表示。

 
(現在)2017/6/18

「リメイク作品」と表示。

これは完全な原作推進派の意見ですね(しろめ

気になるところ

「リメイク作品」からたどるとキーワードは一見同じに見えるのに検索結果が大きく変化します。

「中二病でも恋がしたい!」(最初)

ナレッジグラフの「リメイク」から辿った検索結果。KWは同じ。

ナレッジグラフのカルーセルから辿ったりすると検索結果が異なることも多いですが、これはこれで謎ですね。
以前(後述)は「関連作品」から辿っても同じ検索結果でした。

その他の「リメイク作品」

「とある魔術の禁書目録」

 
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」

 
「とらドラ」

 
「化物語」

 
「進撃の巨人」

うむ。

 

(雑談)ナレッジグラフ反復横跳びが可能な作品がたくさん

ここから完全な雑談です。

かつて検索反復横跳びという遊びを考えたことがあったのですが、この検索結果を利用すると延々と反復横跳びができる説が出てきました。

(ナレッジグラフ反復横跳びのやり方動画)

 
Let’s 反復横跳び!

検索雑談でした。


コメントをどうぞ