今月も読んだ本の振り返り。(今月読んだとは言ってない)

先月の→【2018年1月】最近読んだ本7冊

進次郎メソッド

パワーのある人の逸話とかストーリーって読んでるだけで元気になったりすることがあると思うのですけど、そういう代表格みたいな本。
読んでる最中に「もっと丁寧に過ごさなくては」とか「もっと気配りをしなくては」と思ったりした。
(そしてすぐ忘れてしまうのが良くないのだけど)

「さすがは進次郎」みたいな解説がやたらと多いけど、丁寧に日常を過ごしたくなる本。

日本電産 永守重信が社員に言い続けた仕事の勝ち方

パワーのある人の逸話とかストーリーって読んでるだけで元気になったりすることがあると思うのですけど、そういう代表格みたいな本(2)。

どちらかというと永守さんの格言とエピソードを紹介する感じの本。
元気がなくなった時にこういう精力的な人がいるんだなとか、その考え方とかを思い出しながら読み返したい。
進次郎メソッドよりも解説のクセは少ない気がする。

しかし本を読むだけでその人のオーラみたいなものが伝わってくるのってどれだけすごいの…

仮想通貨関連「いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン」「ビットコイン投資やってみました!」


コインチェックの大塚さんの本。
事件が起きる前に「わかりやすい」と聞いて、読んだのだけどやはり分かりやすかった。

これから仮想通貨について知りたいという人がどれくらい増えるのかわからないけど理解はしやすいので読んで損はなし。
後者は漫画なのでより読みやすいです。

健康関連「人生改造 生活習慣病を防ぐ本」「むだ死にしない技術」


歳を食ったのだと思うのだけど健康が多少気になるようになってきて、健康関連の本も少し読むようになりました。

前者の日野原重明先生の本は日々の健康状態をチェックしなさいということで、最近はアップルヘルスケアを使って数字を取得するようになりました。
今のところ数値に異常が出たこともないのだけど日常的な数値を知っておけば異変が数字でわかるはず。

「むだ死にしない技術」についてはまずともかく定期的に予防(検診)せよという趣旨の本。
こちらは今年の目標としたいと思います…
(健康診断は毎年行っているけど人間ドックみたいな大掛かりなものは行っていないので)

実際に病気になってからでは遅いというのは本当にそのとおりですからね…みなさん身体は大事にしましょう。

「SNSで夢を叶える ニートだった私の人生を変えた発信力の育て方」

SNSで夢を叶えられるかどうかは別にしても、ずーっと疑問だったインスタ検索の使い方がすごくしっくり来た本。
気を抜かずにこういう観点の本を読んでいかないとどんどん老人になって行く気がする。

あとSNSの使い方を見直す際にはためになる感じ。

冒頭の炎上した時にテレビ局に問い合わせたら「Yahoo!知恵袋に書いてあったので…」というくだりは笑ってしまったw

何者

最近読んだ本ではないような気もするけど、Kindleに入っていたので。
同じくSNS関連。

これ、誰が読んでもドキリとするないようなんじゃないかなと思ったり。
登場人物の自意識の闇というか、何と戦ってるんだろうと思う描写あるけど自分も人のこと言えなかったりするからな。

Twitterの裏垢の話とかも出てきますw

ARMS

「arms 高槻 母」とかで検索すると出てくる割と有名なシーンを見てみたくて買いました。(4巻に登場)
1997年の作品。

実際5巻まで読んで、面白いんですけど、こういう完結しいる作品は、読み終える前に興味本位でネットで調べちゃ駄目ですね。

2巻読み終えた時点で、作中に登場する村の名称で検索したら壮大なネタバレが出てきて爆死しました。
titleにネタバレ要素入れたらペナルティみたいのないのかな。

まとめ

こうしてとりとめもなく書くことで多少なりとも自分の身になっているような気もする。そんな気もする。


 

コメントをどうぞ