スマホの検索結果をTwitterでつぶやいていたところ、こんなご意見をいただきました。

2016年3月から4月にかけてスマホ検索結果の太字表記が消滅した(※)ので検索結果を見ているだけだと何の検索キーワードだか分かりにくくなっています。
※参照:【検索雑談】2015年5月から1年間のスマホ検索結果と2016年5月の検索結果を比較してみた

ということでこの遊びやってみました!

 

遊び方(出題者)

まず出題者が検索結果のキャプチャを撮り、検索キーワードの部分を削除します。
asobi-1

こちら。
asobi-2

この検索キーワード削除後の検索結果だけを見て、検索キーワードを当てるという遊びです。
どういう検索キーワードならこの検索結果になるのかを逆算するのでSEO脳が鍛えられます。

◆ポイント◆

  • 検索結果だけを見て分かりにくいキーワードだと面白いです。
  • 誰も知らないようなキーワードだとあまり良くないです(言葉を知らないと回答のしようがないので)。
  • AMPが含まれる検索結果だとタイムリミット感が出ます(参考

 

遊び方(解答者)

出題者にそのまま@で回答を書いてしまうと、他の人が見た時に回答が分かってしまう(ネタバレしてしまう)ので解答者も同じく検索クエリを隠した上で画像キャプチャをすると、他の人のヒントになって面白いです。

例)
これが出題で、

こっちが解答。

この他の人の解答をまだ考えている人が見ていくことによって、ヒントがどんどん広がっていって楽しめるというものです。

※イメージとしては象印クイズ「ヒントでピント」のモザイククイズみたいなやつですね。

 

今までの出題の解答

過去に4問出題してみました。


(↑)答え「通販」

 


(↑)答え「朝食」

 


(↑)答え「アンチョビ」

 


(↑)答え「ニーサン」

 

まとめ

Twitterで「何の検索クエリでしょうか選手権」のハッシュタグを作ってみました。
(Twitterの検索メモ機能でウォッチするようにしましたw)
出題・解答、どちらもどしどし投入していただければと思います。

この遊び流行んないかなー(しろめ)