NTTドコモ「iモード検索サービス」リニューアルにあたり、ポータルサイト「goo」のケータイサイト検索基盤を提供

iモード検索 | サービス・機能 | NTTドコモ

というわけで先週発表がありましたよっと。

いきなり始まったと思ったら、急にgoogleに戻して、そしてまたgooにというなんとも行き当たりばったり感が強い感じが。

**

検索結果に関してですが非常に精度は悪そうですね。
インデックスの数でいうと

Googleモバイル>(越えられない壁)>Yahoo!モバイル>gooモバイル

といった感じ。非常に微妙w
Yahoo!モバイルでさえ微妙なのに、それより微妙…だと…?

一例(あくまで一例だけなので、これで全体を判断するわけではありませんw)

「バカが批判厨から抜け出すブログ」検索
Googleモバイル:278,000件(モバイル検索で件数でないのでPC参照数値)
Yahoo!モバイル:5,804件
gooモバイル:0件

・・・

これだけインデックスされてないとなるとどこのサイトにもまだチャンスは多いということですよね!w
ただ、クローラー自体があまりきちんと機能してないのではないかしら、とも。
考えてもみてくださいよ。

例えば外部リンク対策っていって、色んなサイトからリンクを貼ったりするわけですけども、そのリンクと言うシステムは別にGoogleのクローラーだけが使っているわけではないわけですよね。
となると、何らかの理由でクローラーが通っていないとかそんな理由しかない。

**

ユーザーにしてもこれは非常に微妙ですよね。
情報量が少ない上に探している情報も見つけづらくなるので。

今後、公式に流れていっちゃうんですかね~。
それともGoogleをブックマークするのか?

このへんも調査必要ですね。
今後もちょっと調べて書いていこうかなと思います。


コメントをどうぞ