「デコディスクリプション」とは検索エンジンの説明文に「☆」や「♪」などの記号を表示させ、スニペットもデコっちゃお!ということである。
(解説:関東在住・独身男性)

前回の更新ではこんな結論を出していました。

「つのだ☆ひろ」「★noハウス」などはそれそのものが一つの単語っぽいので反映されるのかもしれません。
【観測用】デコディスクリプション(deco description)を確認する

上記更新後、「大阪のWEBマーケティング雑記」木村さんが「デコディスクリプション(deco description)を検証してみました」という更新をしてくださいました。(ありがとうございます!)
この際に木村さんがdescriptionに記号を含めているのですが結果は以下の通り。

 

 

見事に表示!

ただ、一点気になる点があって、実は自分もBing更新のスニペットに「☆」を入れていたのですがそちらは反映されず。

 


description記述は以下の通り。

「Bingの美しい背景画像をまとめてみました。2012年12月3日~12月9日分。画像は「バル・デ・ボイ」「ノートルダム大聖堂」「クォーターホース」「南極光」「桂橋」「ブズルジャ記念堂の内部」「アメリカの自動車コース」です

綺麗に検索結果から記号が消えています。
この結果の差は何故・・・?

 

表示されるケース・されないケースの違い

結論から書いてしまうと「記号が文字に挟まれるか挟まれないかの違い」だと思っています。
例えば木村さんの記事であれば
「今回はデコディスクリプション♪を検証」「みました☆彡色々な」
といった感じで認識する文字に挟まれています。

自分の場合「「アメリカの自動車コース」です☆」と文末になっています。
文字に挟まれていません。

その視点で見ると色々な検索結果の辻褄が合う。

 

つのだ☆ひろ

 

★noハウス

 

♪超録

 

☆画野朗

大体のdescriptionはこの法則でカバーできそうなのですが、やっぱりそうじゃないのもあるわけで。

 

おんぷの国のアリス

大変もどかしいw

 

まとめ

例外もあるのですが現段階では1文字で認識される文字に挟まれているかいないかがひとつのキーポイントになってきそうです。
引き続き、事例を追っていけたらと思います。

なにかお気付きの点があれば教えてください!!

 

追記

前述の法則に従って今回の更新で記号が反映されるようにdescriptionを書いたところ以下のような結果になりました。

(description記述)

デコディスクリプション☆(記号スニペット)の表示法則♪記号がどういった法則★で発見されるのかを検証してみました。このdescriptionでも「◆」や「◇」がどうやって反映されるのかを検証中。使い方によってはインパクトはあるかもしれませんね♪

検索結果

反映!
黒塗りはやっぱり白抜きになってますね。
※descriptionが長すぎたので、ちょっと短くして引き続き様子を見てみることにします。