twitterAPIの刷新に合わせてWordPressプラグイン「WordTwit3.0」がリリースされました。

詳しい設定や機能などはこちらのブログが参考になります。
 
WordTwitの新バージョンのちょっとした紹介(API1.1対応のWordTwit 3.0) | webutubutu

ブログ記事投稿時にTwitterで自動ツイートする方法 – WordTwitの使い方 | WordPressのプラグイン | WP SEOブログ

 
自分の場合、設定はできたのですが気が付いたら

「URL表示されてませんよ」

といった声をいただきました。
実際にtweetを確認してみるとURLが表示されておらず、POSTのタイトルも千切れるような形になっていたのでそのへんの原因と改善をまとめてみました。

 

POSTが途中で切れる

こちらは簡単でした。

WordTwit設定>オプション>Publishing Widget

wordtwit

「ツイート文字数制限を維持するために、投稿タイトルを短縮してください」の部分のチェックボックスを外します。
これで「変更を保存」して対応完了です。

※こちらは日本語にしていますが英語表記だと「Shorten post titles to maintain tweet character limit」となっています。

 

URLが表示されない

もしかするとPOSTが途中で切れることに関係しているのかもしれません。
ひとまず以下の場所でどうPOSTされるのか確認ができます。

change

バグっている時はここの表示がおかしいのでクリックして修正します。
※面倒なので問題の根幹を解決した方が良いのですが応急処置として。

change-2

[link]部分は自然にURLが挿入されるので変更しなくても問題ないです。

 

その他

WordPressのバージョンが最新かどうか。

念のため確認を。