自分の持っているサイトからサイトワイドリンクを設定しており、同じ場所に設定しているにも関わらずリンクのカウント本数が異なっていたので事例として紹介。

 

サイトワイドリンク(ROS)とは

ウェブサイト内の全てのウェブページに存在する、特定のウェブページへのリンクのこと。
サイトワイドリンクとは – SEO用語集 / メディアフェイスのSEO対策

サイドバーやフッターに共通で設定されているリンクのことをいいます。
ROS(Run Of Site)リンクなどと言うことも。

 

今回のサイトワイドリンク事例

イメージとしてはサイドバーの共通リンクです。

赤い部分に全ページ共通のリンクとして設置しています。

 

3サイトに向けてのリンクをサイト名で設定しており、

1.設置しているサイトのサブドメインサイト
2.別ドメインサイト(1)
3.別ドメインサイト(2)

となっています。

 

ウェブマスターツールで見るバックリンクのカウント

全ページ共通で設定されているのでそのリンクのカウント自体は例えば1000リンクあったら1000でカウントされるはずなのですが、ウェブマスターツールで見ると以下の通りになります。

1.23,756本
2.1,896本
3.961本

大幅なばらつき。
サブドメイン運用に関してはカウントの仕方がイレギュラーになる可能性もありますが、それにしても2と3も結構数としては離れている。
なにか法則性があるんですかね。

漠然とした考え方で行くと、3つ並んでいる際には一番上のところに重きを置く、みたいなところもあるのかもしれませんが・・・。

 

本数の違いについての意味

・・・とここまで書いて、一応補足で加えておくとこの本数の違いに関してはリンクの重み付けとして特に意味がないと思っています。

1.アルゴリズムによる自動の評価
本数分の価値を与えず1つにまとめる。
サイトワイドリンクをGoogleはどのように評価するのか? | 海外SEO情報ブログ

20,000本あっても、900本でも本質的な価値は変わらないんじゃないかなと。
ただ、どうしてこの違いが出るのかが気になっているので今回の更新として書いてみました。

他に事例があれば教えていただけるとありがたいです!