コメダ珈琲店。

先日名古屋に行ってきたので折角だからということで(※)、割と朝の早い段階で足を運んでみたんですがなぜか行く店行く店混んでいるという現象。
いくらなんでも祝日の朝の時間帯で別にそこまで混まないだろうと思うわけですよ。

近隣のカフェや喫茶店とかは別にそんなに混んでいる気配もなく。

で、入ってみたところ「モーニング」に秘密があることに気が付きました。

※ちなみにコメダ珈琲は調べたら別に名古屋だけではなく東京にもあったw

 

モーニングとは

これですよ。
7:30-11:00のモーニングの時間帯にドリンクを頼むとトーストとゆで卵が付く。
で、ジャムかマーガリンが選べる。

コーヒーの価格でモーニングセットが頼めるというものですね。

客側にしてみるとこのお得感はなかなかいい。
他の店でドリンク一杯同じ価格で飲むのであれば、ご飯も併用できるこっちで・・・となるわけですね。

 

店側の儲けは?

これ、おそらく見せ方の問題かなと思ってて、コーヒーが380円だったんだけど本来モーニングのこの一式で380円でも儲けが出るのではないか。
なので、コーヒー一杯を頼んだ人の利益率は上がって、モーニングを付けた人の利益率が通常、的な。

あとはモーニングのトーストに+100円で小倉あんが付けられるので、それを購入する人が多ければそこでも利益が出るというトッピング戦略があったり。

 
見せ方としても面白いなと思っていて「モーニング無料」とすることで客側からしてもお得感があるし、逆に「モーニングセット380円」とかしてしまうとコーヒー一杯の単価を下げなくちゃいけないんですよね。

 

ちなみに僕は「モーニング」の意味が分からなくて「モーニングはいかがいたしますか?」の問いに対し、適当に「お願いします」と言ったら大変カオスな状況になりました。

小倉トースト+単品アイスコーヒー+モーニング(トースト&ゆでたまご)。
※別の人もいたのでモーニングは2人前です。1人前はトースト半分にゆでたまご1個。

 
美味しくいただきましたw

***

「これ、面白いな」と思ったのでこうやって更新しているわけですが既にNaverまとめとかに他の色々なコメダ戦略も掲載されています。
豆菓子が10円でおかわりできる、とかそういうのもちょっと面白いのでぜひ参考に。

スタバの逆を攻める!名古屋発、コメダ珈琲が人気の理由 – NAVER まとめ

※当更新の利益率の配分などは全て想像です。もしかしたらぜんぜん違うかもしれないので、念のため。