CSS3 スタンダード・デザインガイド

読了。
コードは、そもそも読んで納得するものではなく実際に手を動かしてみないと分からないのですが、それでも図解がすごくわかりやすかったです。

 

気になった(※単純に自分が知らなかった今までもあったCSS要素もあります)

 

・構造擬似クラス(奇数と偶数の色を変化させるなど)

・first-letter擬似要素

・メディアクエリ

・ページメディアの設定

・マルチカラムの段の区切り線

・ボックスのドロップシャドウ

・段落インデントの指定

・行の高さの調整

・インライン要素の位置揃え

・画像置換

・テーブルの表示方法

・2D/3Dトランスフォーム

・アニメーション

・インターフェースセレクタ

 

感想

 

単純に自分がCSSに関して不勉強だっただけですね。わかります。
デザインのサンプルをまとめてある本を読むと何が出来るのかすごく分かりやすいですね。
最近は独自ドメインを取ったこともあり、自分でサイトのデザインなども少しづつ変化させたりしていますが発想の幅は広がりそうです。
CSS3以前のCSSも掲載されているので、これからデザインを勉強したいという方にはオススメ。

CSS3で行える技術で気になったのは以下。

・画像置換
→text-indentなどを用いずに対応可能。
a {content: url(***.jpg);}など

SEO的にはどういう風に見られるのか。
画像置換はNG項目ではないけど怪しまれる要素なんじゃないかというのを前提としてですが。

・インタフェースセレクタ
→これ使うとEFOとかが手軽にできるようになりそう。


コメントをどうぞ