(今回の本)

本を読むものの、読んで「面白かったー」と終わってしまうことが多い気がしていて

「ブログもあることだしアウトプットをしていかなくてはいけないよなー」

(4月頃から)思ったのでアウトプットをすることに。

こういうアウトプットができないのは「アウトプットをちゃんとしなくてはいけない」みたいな感じになってしまうからだと思うのでざっと適当に書いてみて、次回以降スタイルを変えていくかもしれないです。

 

注文を間違える料理店

認知症の人が働く(期間限定の)料理店の話。良かった。

以下、メモ。

  • 人として尊厳を感じられることが本当に重要
  • 認知症であることで生まれる価値と、社会的な仕組みになるのでは

このお店自体は短期の企画なのだけど、こういう仕組みがもっと世の中にできないかなあと思う。

 

怒らない技術

家でじっとしているのであまり怒ることもないのだけど、マンガなので何となく買ってしまった。

読んでいてこれ以前に読んだことがあるなーと思ったんですけども、漫画じゃない方読んでますね。
【「怒らない」という選択肢】怒らない技術/嶋津良智

漫画だから簡素化されているけど実際こういうのを繰り返していくのはけっこう大変なものなんですよね。
本書で言うところの「怒らない選択肢」をとってもいきなり上手く回るようになるわけではないし、うまくいくまでじっと地道に頑張ることが重要。

組織でイライラしていることが多いという人は考え方(選択肢)の一つとして持っておくといいのかも。

 

ワクワクだけで年商30億円

本屋に行って立ち読みから購入。
全体的にスピリチュアルな感じなのだけど、まあこういうのを読むと多少なりとも心の糧にはなるよねと。

マンガなので読みやすいです。

 

どうすれば幸せになれるか科学的に考えてみた

Twitterで紹介されてるのを見たので購入。

読む人によって本当に印象が変わってくるんだろうな、という本。面白かった。
ひろゆきの「無敵の思考」読んだ時も思ったのだけど、一旦俯瞰していろんなことを自分なりに分析したり考えてみるのって本当に面白い。
その視点を持つと世界の見え方が一つ増えるんじゃないかな。

話の本筋とは全然関係ないんですけど、石川さんが女の子にモテるために努力した話が好きですw

 

漫画 君たちはどう生きる

これも物事を俯瞰してみる感じの本。視点獲得にいいのかも。

Kindleだと文章パートが画像なのでマーカーできないです(どうでもいいけどw)

 

SNS地獄

これ絶対コンビニで売ってるよねという感じの本。
ネット見てたら広告が出てきたので買ってしまった。

いい意味でしょうもないし、大分誇張されているSNS地獄の話なんだけどこうして漫画で見てみると自分も案外笑えない部分もあるのではと思ったりする。

ネタとして読んだらいいと思う!

 

まとめ

ざっくり感想を書いているだけだけど、これでも少しは身になるのだろうか。
また別の機会に読んだら感想を書いてみます。

おまけ

(特にPRとかでもないのですが)このAmazonのリンクは「WPアソシエイトポスト」で作成されています。

WordPressプラグイン「WPアソシエイトポスト」開発に至る経緯と想いなど

ご紹介頂きました@jh_cibeaに感謝! リンク設置楽でしたw


コメントをどうぞ