前回更新:旧サイト削除後、ウェブマスターツール上で外部リンクが新サイトに移行されつつある

前回更新より大きめの動きがあったので経緯報告。

 

数値推移

バカ毛(新サイト)

※前回更新時は10/7

気になる点
・Analyticsで調査したコンテンツページが増加
・(サイトマップ)インデックス登録済みの数が増えた
→オーガニック検索KWも増えているので過去の記事も参照されやすくなった?
→ただURLで/2010/、/2009/などで調査しても直近で増えた傾向なし。
→また、過去に旧サイト下層ページで上昇していたキーワードでの順位上昇もなし。

・サイトへのリンクの増加
→前回と比較すると400程度の増加。
→前回はcocologのリンクが多かったのに比べ今回cocologのリンクは激減。

削除前(9/18)

 

前回更新(10/7)

 

今回(10/24)

10/7に存在していたcocologの1,000本程度のリンク(旧サイトでいうところの内部リンク)がごっそり抜けています。
こちらに関しては旧サイトの数値にも顕著に現れています。

 

バカ(旧サイト)

こちらは30,000本近く減少しています。

・リンクの内訳
→こちらは比較してみると非常に分かりやすいです。

 

削除前(9/18)

 

現在(10/24)

内部リンクcocologがすべて消え去ってしまいました。
内部リンクに関してはそもそものページがなくなってしまったので一旦中間リンクとして処理していたものの「そもそもページないじゃん!」となったのかもしれませんね。

内側の処理イメージとしては・・・

1.移転連絡を先に処理
2.リンクの有無に関わらず本数を移行
3.実際のサイトをクローリングして移行したものの、ページとして存在していないものは削除

みたいな感じでしょうか(想像です)。

いずれにしても存在しないページからのリンクは処理されないので、順序がどうあれ結果は同じなのですが・・・

※ここでふと疑問なのですが新サイト(バカ毛)の内部リンクはどうして「サイトへのリンク」として上がってこないのか。
これでcocologのリンク本数が消えてバカ毛の内部リンク本数が急上昇したら面白いのですが。

あとsphinn.jpのリンク数も相当数減ってますが新サイトのサイトへのリンクで見ると数値は5しかついていません。

 

エラーメッセージ

前回も記述しましたが引き続き約1週間おきに「http://bakaweb.cocolog-nifty.com/blog/: 「見つかりませんでした」というエラーが増えています」のメッセージが届いています。

1回目:9/18
2回目:9/25
3回目:10/3
4回目:10/10
5回目:10/18

エラー状況はこんな感じ。

昇り龍ですね!(悪い意味で)。

 

info:によるページ認識

info:で旧サイト情報を調査すると新サイトの情報が表示されるようになりました。いつからだろう?

修造w

ページランク偽装の話とも関連していそうですがページランク偽装に関してはあまり深追いができていないのでこちらを参考に。

301やcanonical無しのドメイン移転でページランクが移るのか実験の結果 | WP SEOブログ
自分の身に覚えのないページランク偽装をやらかしていた?? | SEOのホワイトハットジャパン

ちなみにSEOチェキ!のページランク(PageRank)偽装チェックで調査すると「Warning!」が出ます。

うむ。

 

今後の観測ポイント

気になっているのは以下の点。

1.旧サイトで上がっていたランキングを引き継ぐのか
2.他サイトの下層ページ→旧サイトの下層ページは引き継ぐのか
(2が何とかならないと下層ページでのランキング以降は難しいのかなと想像)

ひとまずまた何かあれば更新します!


コメントをどうぞ