朝からビッグニュース。
Googleからついにリンク無効化ツールが発表されました。

 

まず公式発表

Official Google Webmaster Central Blog: A new tool to disavow links
http://googlewebmastercentral.blogspot.jp/2012/10/a-new-tool-to-disavow-links.html

で、厳密な翻訳とか効果に関しては当サイトでは全く保証できないのですが、色々と入っている情報を簡単にまとめてみました。

※日本語も出ているようです。早い。
Google ウェブマスター向け公式ブログ: サイトへの不自然なリンクを否認する新しいツールの提供を開始しました
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2012/10/a-new-tool-to-disavow-links.html

 

1.どこから入れるのか?

鈴木謙一さんのG+から引用(引用元:Kenichi Suzuki – Google+

Disavow Links(リンク無効化ツール)

●注意点
本当に必要な時だけ使うこと
自分で削除可能なリンクはすべて削除する
テキストファイルでアップロードする
ドメイン全体のリンクを無効化する時はドメインを指定する
強い提案としてGoogleは処理する(必ず従う命令ではないということ)
ほとんどのサイトは使うべきでない

UIを見せてくれた

robots.txtのようにテキストファイルを使う

効果が出るまで数週間かかる

ここから使う
www.google.com/webmasters/tools/disavow-links-main

無効化ツールを使っても再審査リクエストは必要

というわけでここから→http://www.google.com/webmasters/tools/disavow-links-main

ただし解説にもあるように結構強めのツールのようなのでホイホイ使うものではなさそうです。

 

2.ツールの中身のボタンがいちいち怖い

入った時の画面

拡大

大体の訳「もしあなたのサイトがコントロール出来ない低品質リンクによってランキングを下げられていると思われる場合、Googleに申請することができます

自分のドメインと「非承認」の赤いボタン。
これ、間違えてボタン押したら自分のサイトが非承認になるんじゃないか的な魔空間の空気が出ています。

・・・が、普通に先に進めます。

これは高度な機能なので、慎重に使用する必要があります。使い方を間違えると、Google 検索結果でのサイトのパフォーマンスに悪影響が及ぶ可能性があります。ご自分のサイトに対して、スパム行為のあるリンク、人為的リンク、品質が低いリンクが数多くあり、それが問題を引き起こしていると確信した場合にのみ、バックリンクを非承認とすることをおすすめします。

ボタンを押すとすべてのバックリンクが非承認になってしまうのではないかという空気。

・・・が、普通に先に進めます。

ここでいよいよアップロードの段階へ。

ここで「怖い」「戻りたい」と思っても戻るボタンがありませんが、何もしない状態で「完了」を押すと元の画面に戻ります。

 

3.アップロードの方法は?

こちらはウェブマスターヘルプ(日本語)で情報開示されている模様。

バックリンクの非承認 – ウェブマスター ツール ヘルプ
http://support.google.com/webmasters/bin/answer.py?hl=ja&answer=2648487

自分のサイトへのリンクをダウンロードする

1.ウェブマスター ツールのホームページで、該当するサイトをクリックします。
2.ダッシュボードで [トラフィック]、[サイトへのリンク] の順にクリックします。
3.[ダウンロード] をクリックします。

ここで疑問なのが2点。

・リンクリストはどのリストを出すべきなのか?
→ドメイン単位/URL単位。
→ただ、ディレクトリでユーザー分けしている無料HPサービスなどもあり、それがそこまで大雑把に扱われるとも思えないので個別のURLで出すべきなんですかね。

・「自分のサイトにリンクしているすべてのページが記載されたファイルがダウンロードされます。」とヘルプにはあるものの10/17 8:48現在すべてのリンクではなさそう。

非承認にするリンクのリストをアップロードする

再審査リクエストページにアクセスします。
[非承認のリンクを確認] をクリックします。
[リンクの非承認] をクリックします。
[ファイルを選択]をクリックします。
アップロードするファイルを選択して [送信] をクリックします。

※ヘルプページの「再審査リクエストページにアクセスします。」のリンクがhttps://www.google.com/webmasters/tools/reconsiderationになっているがhttps://www.google.com/webmasters/tools/disavow-links-mainの間違い?

■10/18 修正+追記

<修正>
とりあえずこんな感じでファイルを作ってみました。以下は「非承認」リンクの一覧

※excelでアップロード後、ダウンロードしたらひどい文字化けが起こっていました。

使うファイルの問題かも知れません(excelは不可?)が、一回ダウンロードしてきちんと認識されているか確認した方がよさそうです。
txtファイルだとアップロード→ダウンロードしても文字化けは起こりませんでした(※「#」以降の補足記載が文字化けしてたのですが・・・^^;)。

追記2
ファイル数は1ファイルまで。

2ファイル上げようとすると上書きしようとしてしまいます。

</修正ここまで>

**

アップロードの様子。

アップロード後。ファイルの「ダウンロード」と「削除」ボタンも一応あります。
対処がどうなるかは不明。

 

追記:公式FAQが発表されました(10/26)

Google ウェブマスター向け公式ブログ: リンクの否認ツール:Q&A のご紹介

現段階では上記公式の情報が一番参考になりそう。
ファイルのアップロードの話なども掲載されていますね。

 

まとめ

ひとまず現時点である情報を簡単にまとめてみました。
ただ、公式に「この高度な機能の使用には注意が必要です。使い方を誤ると、Google 検索結果でのサイトのパフォーマンスに悪影響が及ぶ可能性があります。」との発表もあるように使い方には十分な注意が必要な上に、現在サイトにどのような影響を及ぼすかは全くの未知数です。
作業に関しての責任は当サイトでは一切保証できません。


コメントをどうぞ