先日iPadのGoogleの画面を眺めていたら、結構インターフェイスが異なることに気が付いたので更新。
各種端末でのGoogleの画面って、端末を持っていない人はなかなか見る機会がないんじゃないでしょうか。
今回参考用として画面のキャプチャを比較してみました。

※自分はAndroid端末を持っていないのでそこは欲しいところです。

 

PC

※クリックすると拡大します。

 

iPhone

※クリックすると拡大します。


左がSafari版/右がアプリ版。
Safariの方だとインスタントプレビュー実装、アプリ版だと関連検索が表示、というのが特色。
あとアプリ版は検索窓が上部固定。
フッターのページ表示が「5」まで。
関連検索(画像・動画など)はページ上部にタブ形式で表示。
英語の翻訳ページ候補が表示なし。

 

iPad

※クリックすると拡大します。


左がSafari版/右がアプリ版。
関連検索(画像・動画など)が横表示になってるのがちょっと面白いですね。
フッターのページ表示が「11」まで。
英語の翻訳ページ候補が表示。
表示モードは「タブレット/PC」の区別。

あと、Google.comの変化を今更見たのでこれもメモ。

 

Google.com通常画面

※クリックすると拡大します。


注目すべきはロゴの部分をクリックした際の表示。

「More」部分をクリックするとさらに表示。

これはなかなか美しい。

****

デバイスごとの画面を比較してみると、なかなか面白い部分もありますね。
同じ検索結果でも見え方が変わることがあるので参考まで。


 

コメントをどうぞ