Web制作の現場で使う jQueryデザイン入門 (WEB PROFESSIONAL)

読了。
読了といっても、こういうのは読んで納得するものではないのでこれから取り組むこともたくさんあるのですが、とりあえずひと通り読み終えましたということで。

 

目次

jQueryをはじめる前の基礎知識
jQueryとは?
jQueryを使うための準備

サンプルで学ぶjQueryのキホン
jQueryの基本とセレクターの使い方
HTML/CSSを操作しよう
「イベント」でタイミングを設定しよう
フォーム機能を使いこなそう
Ajaxを使ってみよう
アニメーション効果で動きを付けよう

現場で使えるデザインレシピ
CSS3セレクターでストライプテーブル
スライド式イメージギャラリー
なめらかアコーディオンパネル
ポータルサイト風タブパネル
個性的な3種類のツールチップ
ロールオーバー付きナビゲーションバー
透過PNG対応ロールオーバー
多階層対応ドロップダウンメニュー
Lightbox風モーダルウインドウ
ドラッグ&ドロップで動くフローティングウインドウ
バリデーション付きメールフォーム
Amazon風カルーセルパネル
Ajaxでスムーズペーシング

jQueryプラグインインでラクラクWeb制作
jQueryプラグインとは?
実務で使えるjQueryプラグイン

 

気になった(今後やってみたい)

アラートダイアログ(実施)

イベントの設定(clickでの画像の動き)

フォーム:フォーカス

Ajax

イメージギャラリー

アコーディオンパネル

タブパネル

ツールチップ

透過PNGロールオーバー

フローティングウインドウ

 

感想

ひと通り簡単に「何が出来るのか」を学べました。もちろんサンプル付き。
サンプルがあると実際にどのような動きを見せることができるのか、が視覚的に分かりやすいので便利。

あとは本当に手を動かして学んでいくしかないので、サンプルを少しづつ触りながらやっていこうと思います。
webに動きを付けることができるのは特別な人という感覚がどうしてもあったのでw、その考えが払拭できてよかったです。

「バカ毛」もjQueryを実装したサイトになる日は近い・・・!
目標に「動きのあるサイトにする」とか入れておきますかね。


 

コメントをどうぞ