色々と反省する面が多い…

目線を上げよ

自分より能力的に劣る者を注視し、「この会社はレベルが低い」と言って自分のプライドを慰めてみたり、「俺は多少手を抜いてもあいつよりも上だから許されるはずだ」と言って楽な場所に逃げ込んだりする人間は多い。

逆に自分より優れている者に意識を向け、謙虚になる人間もいる。この様な人間の眼には現段階で自分より劣る人間がある意味映らないのだ。向上心故に、強い人間ばかり追ってしまうのだ。管理者としては成長の余地が大いにあるが、若手の目線としては頼もしい。

ふむ。

seokyoto

「否定する」のって実は一番体力を使わない。「確信的な否定理由」があるなら良いけど、それが無いのに否定する癖がついちゃうと、何の魅力も無い人になっちゃう。他人の良いところを見つける方がよっぽどやりがいあるし、仲間も増えてゆく。それが本当のSMOだ。

ふーむ。

当ブログ、勉強用に作って、でいろんなニュースを取り上げてきたりしたわけだけど最近は情報を読むだけ読んで批判して自己満足、という形式になっている気がしてなりません。

それじゃああかんなあ。もっと頭良くなりたいなあ。

ということでサイト名を黒澤明風に「褒める」とかにしようかと思ったんですが、さすがに開始以来使ってきた「バカ」を外すのはちょっと寂しいので、サブタイトルを変更しました。

「バカの成長を愛でる」とかだったんですが、新テーマは
「バカが批判厨から抜け出すブログ」
というなんともひねりのないストレートなものにしようかとw

何だかんだで楽してたんだなあ…猛省。


 

コメントをどうぞ