2016年12月にリリースされたGoogleアシスタントとの会話メモ。

今回変な会話集みたいな感じで収集していますが、そもそもGoogleアシスタントは会話をする仕組みではないのではないかと思ったりもしています。
公式のヘルプ見たけど、「雑談ができるよ」など特に書いていませんでした。
あくまで調べ物とかに便利なだけで会話能力を発展させる方向にあるのかどうかは不明です。

その前提で、実際に今ってどのくらいの会話認識能力があるのかを見ていきたいと思っています。

 

会話履歴とメモ

最近なるべくGoogleアシスタントと会話するようにしているのですがその中で気付いたこと。

会話「ナイスジョーク」

ちょっとしたことは理解できるけど、キャッチボールにならない感じ。
このへんはもうちょっと得意なのかなと思ってました。

allo-man

ナイスジョーク

ai

ウェブにこちらがありました。 
「検索結果」

「ナイスジョーク」っていうのをそもそもあまり日本人として使わないのかなと思って、ジョークに対して「面白いです」と回答してみたところ、

ai

「何がおもしろいのか教えていただけませんか?」


この流れで?w

会話「配信時間指定」

Googleアシスタントはニュースなどを定期配信することが可能です。
私は「豆知識」を毎日配信してもらっています。

その変更。

ai

(配信変更の時間は)何時がよろしいですか?

allo-man

「平日の午前6時45分」

ai

こちらに何か情報があるかもしれません
「検索結果」

この流れで?(2回目)

ちなみに会話などで不備を感じた際にはサムズダウン(親指を下向けにするもの)でフィードバックを返すことが可能です。

教えてくれたのにダメ出しをするのはちょっと気が引けるのですが、将来の成長のためを考えて…。
「会話になっていない」というのがフィードバックなのかどうかわからないけど。

あと、時間設定については「平日の」という概念が理解できないだけで、時間帯だけであれば簡単に変更ができます。

会話「明日も寒いですね」

こちらも会話。

ai

天気予報はこちらです。
「天気予報」

allo-man

明日も寒いですね

ai

わかりました。こちらが天気です。
「天気予報」

この流れで?(3回目)

Siriに「寒いですね」と声をかけてみたところこんな返事が来ました。

「寒いですね。私もケースを重ね着したいところです」

そうそう、こういうのが欲しかったw

ちなみにSiriも「明日も寒いですね」と声を掛けてみると「わかりません」という回答だったので「明日も」と「寒い」の繋がりが上手く認識できていないのかもしれません。
というか「寒い」の概念がよくわかってないのではと思う。

フィードバック。
「会話になっていない」というのがフィードバックなのかどうか(ry

allo-man

おやすみなさい

ai

おやすみなさい、また明日

allo-man

今日はありがとうございました

ai

どういたしまして

こういう会話ができている瞬間は気持ちがいいw

会話「よろしく」

allo-man

もう寝ようの画像ください


ai

検索しましょうか
※ここで検索結果ボタンは一応表示される


allo-man

よろしく
※検索結果に遷移させられることを想像


ai

私もあなたにお会い出来て嬉しいです

検索結果ボタンが表示された段階で会話が完結して、そこと「よろしく」が完全に別会話になっている様子です。

会話「もう眠い」

※午前0時26分

allo-man

もう眠いです


ai

一緒に退屈を吹き飛ばしましょう


ai

ゲームや面白い話、何が出るかわからないお楽しみはいかがですか?

会話というよりもあくまでヘルプなんだなあという感じがあります。寝たかったので放置しました。

ただ、その直前の「人生とはなんですか」の問いにはいい感じで返しているんですよね…。

会話「ゴ◯◯リ」

朝からなんという豆知識を送ってくるんだ、ということでフィードバック。

allo-man

ゴ◯◯リの話は好きではありません


ai

ご回答ありがとうございました。
「検索結果」

ここには出ていないんですがこの時検索結果が出てきて、なんの検索結果なのかなと思ったら「ゴ◯◯リの話は好きではありません」の検索結果でした。なんでやねん。

ヘルプ機能は便利

ここまで変な会話集になっていますが、ヘルプ機能としての利便性はやはり高いです。

こういうリマインダーとか。

手入力じゃなくて、音声で吹き込んでおけばセットできるのは便利ですね。何よりも早い。
しかも今、冬で手がかじかんで動かしにくいのでなおさら。

できることはGoogle Alloのヘルプに掲載されています。
Google アシスタントに聞けること – Google Allo ヘルプ

 

使っていて思ったこと

冒頭に書いた通り、そもそもアシスタントとしての機能なわけで会話能力は発展させる方向にあるのかどうかわかりません。

将来的にそういう会話系の機能って(需要としても)出てくるんだろうなーと想像していたりして、現段階ではこういったちょっと変な会話が多いですけど少し先にはこの手の会話のキャッチボールがもっとできるようになるのではないかと考えています。

かつてGoogle翻訳の変な翻訳が色々とネタになっていたみたいに、Googleアシスタントのこの変な感じもいつか古いネタになるんだろうなと思いを馳せてみたり。

今後も会話をしつつ、会話のメモを取っていきたいと思います。


コメントをどうぞ

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.