2015年8月にYahoo!検索のSSL化が発表され、かつ、キーワードも拾えなくなるということが発表されました。
その直後は全く動きがなかったものの、具体的な日程として2017年3月31日までに各サービスがSSL対応されることが発表されています。(よくよく考えたらあと少し)

参照:Yahoo! JAPANサービスは常時SSL(AOSSL)に対応します – Yahoo! JAPAN

今回、休日検索雑談として自分のサイトのYahoo!「not provided」の状況がどんな感じになっているのか調べてみました。

 

調べた方法

こんなふうに調べました。

y-1

  1. GoogleAnalytics「オーガニック検索」を選択
  2. 参照元をクリック
  3. 「Yahoo!」を選択

y-2
「セカンダリディメンション」でキーワードを選択。

y-3

  1. 「not provided」の項目にチェックを入れる
  2. グラフに表示をクリック

site-1
完成。

青がYahoo!検索流入全体の総数、オレンジの線がYahoo!のnot providedの数です
10月前半からどかっと割合が増えているのがわかります。

 

色々なサイトのデータを見てみた

同じ方法で自分の持っている色々なサイトのデータを確認してみました。

(サイト1)
site-2

(サイト2)
site-3

(サイト3)
site-4

(サイト4)
site-5

どのサイトもほぼ同タイミングでnot probidedの割合が大きく上がっているのがわかります。
おおよその割合としては30%前後。(母数の問題もありますが)多いものだと50%くらいのものも。

 

雑談

キーワード見てると色々楽しい部分があるんですけど、そういうのも徐々に見えなくなっていくんですね…

サラサラ顔文字で言うところの真ん中あたりに差し掛かっているのかなという気がします。

(´・ω・`).;:…
(´・ω…:.;::.. (←このへん)
(´・;::: .:.;: サラサラ..

残りの期間僅かかと思われますが、Yahoo!のキーワードを楽しんでいこうと思った休日でした(小並感

(おまけ)昔作ったやつ。