「バカに毛が生えたブログ」のFGによる、SEO/SEM情報コーナー。毎週金曜日に、国内と海外の役に立たない検索関連の情報をさらっとまとめてお届けします。

 

アメリカのラブ、日本のラブ

米Google「Love」
love

元々、海外に起源があるとされる「Love」の概念。
このハートマークが博愛を象徴していると言えます。

***

日Google「ラブ」
love-j

どこで歪んでこうなった。

Google画像検索はこちら。(画像検索のTOPに飛ぶので安心してください)
https://www.google.co.jp/imghp

 

「女の子」を検索した人はこのワードも検索しています

Yahoo!検索「女の子」
girl

なるほどなるほど、と思いカルーセルを右側にスライドする。

girl-2

ああー!なるほど!(棒

ちなみに「女」とするとこんな感じに。

onna

ああー(ry

 

「占い」を検索した人はこのワードも検索しています

Yahoo!検索「占い」
uranai

gen

どうしてこうなった。

 

定評のあるあの人

Google画像検索「ディフェンスに定評のある池上」
defense

うあああああ!

 

当サイトがそっと教える旬なキーワード

「通勤電車 恋」
love

これがトレンドか。

 

最後はキレイな画像で締めようと思います。

Google画像検索「俺」
ore

「俺」をローマ字にして「ore」とすると・・・

 
「ore」
ore-2

ね!キレイな鉱石に!

 

その文字に含まれる隠された意味

最後はキレイな画像で締めようと思います。というのはやっぱりやめて
最後はこちらの文字を画像検索で。

hit-and-run-1
(文字列的な意味で)

米Google
hit-and-run

文字列的な意味で。

 
日Google
how-about

文字列を探してたのになんで全然関係ない画像が出てくるんですか!(ブチギレ

 
※ちなみにWikipediaとかを見ると日本語独自の文化として明治時代に女生徒の間で生まれた隠語だそうです。へえ。

 

「バカ毛」からの記事をピックアップ

【どうでもいい】画像検索の関連検索キーワード部分のデザインが少し変更

doudemoii

 

まとめ

女生徒の間で生まれた隠語(意味深