先日「もしも矢沢永吉が桃太郎を朗読したら」というのを読んで感動したので、それをオマージュした何かができないかなと思い、考えに考えた結果、ワードサラダで桃太郎を朗読してみようと思いました。

早速どうぞ。

 

朗読:ワーサラ桃太郎

真っ最中真っ最中、大きななかの、鬼とおじいさんにならべていたた。おみやげは1つをキジで、おじいさんは鬼になりましないを見たた。鬼がおかげをしですたにしてきて、おじいさん、赤ちゃんと、ある山に住んていなまし。「おや、どこは良いイヌをつんさ」お腰は大きなおばあさんへ見て、鬼に出会いますまし。

そして、酒盛りと鬼に団子へ行くたと鬼をふりてきて、ついに村をしあわせの強い男の子の喜びが食べよてきですん。「これはきっと、おばあさんを出会いたにちがいまし」キジへもらいました宝物と桃は、大家たく。手をせだサルに、桃と団子も鬼ヶ島と行くたます。桃太郎はなんと行くと、とうとうわるいにきびを出会いたた。

そして大きななか、鬼ヶ島に持ち帰りたまし。

「どこ、桃太郎(お良いおや)で行くて、わるい団子に退治助けた」刀鬼キジでくださっとくれて、鬼ヶ島へやってきました。旅のむかしへ、おとに行くましです。「鬼ヶ島さん、これで出かけんたか?」「桃太郎に、鬼旅へふりのなかっ」「そして、おばあさんに育ったドンブラコおじいさんからおばあさん下さいな。仲間は行くたな」赤ちゃんはですドンブラコ家へ行っ、桃太郎の大川へせたです。そして、むかしはイヌに出かけました。

「桃太郎さん、どこにあやまりんましか?」「桃太郎に、おみやげ退治に名付けんた」「そして、おじいさんにもらいた団子びのびみるよ。ドンブラコはせましよ」そして真っ最中は、姿をまいったう。「桃太郎さん、それからしんたか?」「桃太郎へ、川退治に行くのです」「それでは、子どもがやってきだ手お腰が鬼もらうな。お腰はつつきましな」それでは、お腰、喜び、おばあさんのおしりがキジがした鬼ヶ島も、やがて桃太郎にもらいましだ。

鬼ヶ島をは、姿たちにむかしの宝物のしたキジと退治にして、お腰のむかした。「みんな、入れなよ。これ、出会い!」喜びもおばあさんの桃に切っ、びも赤ちゃんが入れところに行っ、お腰は鬼をサルの姿のしたた。そして鬼ヶ島も、おじいさんが出会い行くて大くださった。よく団子のイヌで、「飛び出したくおばあさん、あやまりないおばあさん。

こうさんた、ぬすんてきおばあさん」で、ドンブラコへ行くてひろいあげだた。桃太郎と中と家とおかげは、鬼をあばれましサルが入れに出会いて、無事ついにお腰で取り上げました。宝物と桃は、桃太郎のしあわせますキジをならべて大イヌた。そして三人は、鬼の鬼から元気につんましたとわ。

 

まとめ

反省している。

 
■参考文献
桃太郎 <福娘童話集 きょうの日本昔話>

すぐ使えるダミーテキスト – 日本語 Lorem ipsum

ワードサラダ – Wikipedia