zikoseichou

サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方 ― 「キャリアのワナ」を抜け出すための6カ条

デキタン」の曽山さんが書いているという本。
読んでいて非常にためになりました。成長の過程で引っ掛かりがちなワナとその解決方法は多くの人間を見ている人事の方だからこそ書けることだと思います。

 

もくじ

あなたは今、こんなことで悩んでいるかもしれない

入社1〜2年目のワナ
 「フェーズ別 成長のワナ」から抜け出す方法

入社3〜6年目のワナ
 「あなたらしさ」が芽生えるとき

マネージャークラスのワナ
 自己主張から他社受容へ

さらに上を目指す人のワナ
 あなたの上司も悩んでいる

「キャリアのワナ」を抜け出すための6カ条
 どんな人でも成長できる

 

気になった

主観的な心理状態をマッピングする

転職は過去のネガティブな自分をリセットできるのと同時に「よかった面もリセットされてしまう」

社内の提出物の期限をいつも数時間守れない人

自分の気分ではなく「成果」から考えて、日々の仕事を取捨選択すること

「苦手だ、ダメだ」と気にしているだけなら、それは単なる思考停止

「お客様に予算がないのか、それとも君に預ける予算がないのか」

チャンスがあったら、とりあえずつかんでおく

軌道修正前提で即決の人になる

ビジネス書は読み終えたら一つだけ真似をする

上司が伝えたいと思うことほどメンバーには残っていないもの

器の小さな人間にとどまるな

 

感想

自分もサラリーマンなので「なるほどなるほど」と唸る場面が多かったです。
働いていて悩みがなにもないという人はほとんどいないわけで、差こそあれどもみんな何かしら悩んでいます。

その仕事における悩みの部分をパターン別に分けこのような解決方法があるのでは?とアドバイスを提示している、ビジネスパーソンにとって非常に興味深い一冊。

仕事で悩んでいる人に自分がどこにいるのか、俯瞰して見るために読んでみることをお勧めします。