風景中心の画像が展開されています。
今回プッシュしたいのは「アリ塚」(10/26)。

調べてみたらかなり色々な形の建造物があるみたいです。

とてつもなく巨大なアリ塚の写真20枚:らばQ
※塚の写真だけなので安心して見られますw

wikiで調べたらこのアリ塚自体は元来「巣」ではないのですね。

アリの作るアリ塚(ant-hill) は、単純なもので、土や砂や松葉や粘土など(あるいはそれらの混合物)の堆積でできた山であり、アリが巣を地中に作る過程で入り口付近に捨てたものである。働きアリの群れはアリの巣を作るとき、植物や土を細かく砕いてアゴで運び、巣の出口付近に捨てる。一般にこのとき働きアリは、土や植物が巣に転がり戻ることがないよう、堆積の頂上まで登ってから捨てる。しかし、一部の種はそれらのゴミを材料として塚 (mound) を形成し、その中にも部屋を作る。日本語ではこれを蟻垤(ぎてつ)あるいは蟻封(ぎほう)などとも呼ぶ。
なお、熱帯域ではアリ塚ant-hill と言った場合にシロアリ (termite) の塚を意味する。シロアリの作るアリ塚は、遙かに複雑で恒久的な構造である。
アリの巣 – Wikipedia

Bing背景画像から学ぶ今週の豆知識でした。

 

2013/10/21~10/27

10/21
「バルハン砂丘」
Bing1021

10/22
「角島大橋」
Bing1022

10/23
「つるし柿」
Bing1023

10/24
「リン酸塩の結晶」
Bing1024

10/25
「ワイルド・アモヌーザック川」
Bing1025

10/26
「アリ塚とユーカリ」
Bing1026

10/27
「トバゴ諸島」
Bing1027

それではまた次回!

先々週のBing(10/14~10/20)背景画像まとめ
Bing