asahi

以前に日経新聞でもあったのですがGoogle警告メッセージの件の特集。

日経新聞の記事:【2013.8.5】日経新聞に「企業、過剰リンク削除急ぐ」GoogleとSEOの記事が掲載される

 

概要

・業者の事例

過剰なリンク販売をしているところがペナルティを受け、上位表示されていたものが圏外に。
→SEO業者が無料ブログに約三千件もリンクをさせていた。

一千件のリンクを月額1万5千円ほどで販売する業者も。

 

・Googleの動きについて

昨年4月と今年5月、解析処理方法を改善。過剰なSEO対策がされたサイトを検索結果から排除し始めた。

2011年から今年にかけて他サイトに酷似した独自性が低いサイトを検索結果に出ないようにした。

 

・出演

ホワイトベアー株式会社(警告解除サービスを手掛けている)
→多い時は月30件の警告解除依頼が来る

クロスフィニティ株式会社
→12年のSEO業界国内市場は約273億円、15年には約433億円と予測。

SEO国内最大手アイレップの渡辺さん
→最後の締めの言葉を一言。

 

斬新な表現

朝日新聞の秀逸な見出しはこちら。

midashi

過剰な「工夫」に対策。

SEOが何かの記事に取り上げられる時は悪魔の経典とか地獄の使者とか大抵ネガティブな表現のことが多く、攻撃的な記事が多いのでこの表現には少しほっこりしました。
その表現が正しいのかどうなのかは別としてw(間違ってはいないような気はするけども)

souiuno

この表現に唸る。

 

デジタル版では映像も確認可能

朝日新聞デジタル:検索上位がいきなり圏外 「自演」許さぬグーグル – 経済・マネー

渡辺さんのインタビュー映像などもあります。

渡辺さんを見てるとどうしても2年くらい前の巨人事件を思い出してしまう。

本日の朝刊なので今から買えるのかどうかわかりませんが興味のある方は購入してみてはいかがでしょうか!