サービスがユニークなのでweb上でバズって上昇しているサイト事例。
真似しようと思って真似できるものでもないのかもしれないですが面白かったので紹介。

 

対象サイト

今回(順位推移を)観察したサイト:スク水洗車実行委員会

※注:スク水が出てきます。職場やご家庭で閲覧する際にはご注意ください。
当サイトでは一切の責任は負いません。

 
ドメインの情報
domain
参照:IP分散及びドメイン年齢チェックツール | ちょこっと便利な無料SEOツール集 ohotuku.jp

8/26現在、ドメイン年齢約1ヶ月です。

 

サービス開始当初、ものすごく話題になっていたので「洗車」というキーワードでどういう順位推移をするのかを見てみました。

 

リンクの推移

リンクの推移はこんな感じ

link
サービスインしてから一気にリンクが盛り上がっているのがわかります。話題性ですね。

 

アンカー状況
anchor-cloud

アキバの夏、スク水の夏w

 

公式サイトのソーシャルボタン表示の数値は以下の通り。

social

ちょっとネタ要素が強いのかtwitter多めになってます。

 

その他、メディアなどでも取り上げられており「洗車」で検索するとニュース要素(QDF要素?)が強く上がっているものもありますね。

 

順位

そして順位推移。「洗車」で調べてみました。

sensya

8/26時点で25位まで上がってきています。
洗車、というキーワードにどれくらい競合性があるのかという話もありますが、7/15にサイトオープンして約1ヶ月。この勢いはなかなか興味深い事例なのかなと思っています。

 

まとめ

サービス自体にちょっとネタ要素が強いので、サービスリリースする際に参考にしようと思っても参考にしづらい事例なのですが、ひとつの順位推移の事例としてみてもらえると面白いのかなと思います!