「バカに毛が生えたブログ」のFGによる、SEO/SEM情報コーナー。毎週金曜日に、国内と海外の役に立たない検索関連の情報をさらっとまとめてお届けします。

 

松崎しげる検索

「松崎しげる 黒い」で表示されるサイトのスニペットが秀逸。

検索出オチ感がすごいけど、これいいなあw

wikiのサイト内リンクもなかなか。

 

セーフサーチを打ち破るクエリ

そもそも「セーフサーチ」とは。

多くのユーザーがアダルト コンテンツを検索結果に表示したくないと考えています(特に子供と同じパソコンを共有している場合)。Google セーフサーチ フィルタでは、ブラウザの設定を変更して、アダルト コンテンツを検索結果から除外することができます。
セーフサーチ: 不適切なコンテンツの除外 – Web Search ヘルプ

設定方法は検索結果などの画面右上に出てくるネジのマークをクリックして「検索設定」から。

セーフサーチ「強」に設定。
こうすることによって、より安全な検索結果になります。

ところが今回そのセーフサーチをすり抜ける意外なキーワードがあったのでご紹介。

 
キーワード「抱き枕カバー」>画像検索

これが日本。

 

あなたが知らない中古通販検索の世界

例えば「パソコン」とかであれば、元々の新品が高いので通販検索をする人にしても「中古」という選択肢があるわけです。

ただ、世の中には全くよく分からない中古通販の需要というのがあるもので。

「抱きまくらカバー 通販」

 

Google翻訳でヒューマンビートボックス

これはかなり秀逸だと思う。

Google翻訳飛び先

 
参照:Googleの遊び心を垣間見る『隠し機能』がすごい! – NAVER まとめ

 

Google、職質を受ける

【残念なお知らせ】Googleストリートビューの車が職質を受ける|| ^^ |秒刊SUNDAY

なかなか映像がシュールw

 

年齢別検索に見る世相

先週の役に立たないニュースで「マネー心理サジェスト」というのをやりましたが、そちらの年齢版をやっている方がいたので紹介。

サイト:1歳から100歳まで、各年代の悩みをGoogle先生に聞いてみた。 | 着ぐるみ追い剥ぎペンギン

世代が反映されていていいなあ。

それにしても

まあ、なんというか、うん。

 

「バカ毛」からの記事をピックアップ

【朝の広告雑談】桃色大戦ぱいろんの電子書籍風広告

趣味に走ってしまった。反省はしていない。

 

まとめ

web担は無理な気がしてきたので次の目標を探しています。