表題の通り「Yahoo!で1ページ目に表示されるのにGoogleで2ページ目になってしまう」という時にありがちな例をピックアップしてみます。

 

検索キーワード事例

※クリックすると拡大します。

「バカに毛」Yahoo!

 

「バカに毛」Google

 

1位にサイトリンクが表示される事例です。
この場合1ページ目に7位までしか表示されません。

ですので、Yahoo!で1ページ目8~10位に表示されている検索結果が・・・

 

Googleでは2ページ目の上位(?)に。

 

まとめ

その他、ローカル検索の挟みこみだったり、Yahoo!独自サービスの挟みこみだったりで見え方が変わってくる事例も結構あるので「順位が違う!」と思ったら実際に検索結果を見てみるとわかりやすいです。

 

おまけ(もしかして検索の検索結果の違い)

2011年に更新している「もしかして検索」の結果の表示のされ方が異なってYahoo!で1位だけどGoogleで101位以下という検索結果、は既に修正されているかもです。

SEOあるある:Yahoo!で1位、Googleで100位以下

検索事例

いくつか検索してみたのですが結果は統一されているっぽい。