争い事が苦手です。

SEO情報を集める時にどうしてもブラックハット・ホワイトハットの論争を見掛けることが多くそういうのを見ていると元気をなくすことが多かったんですね。
そんな中、webutubutuさんの「「SEOってなんだろう?」の私見」という記事を読んで結構感動しました。

特にいいな、と思ったのがこのフレーズ。

SEO対策で上位表示というサービスを非難する意図はありませんので、その点ご了承ください。ただ、私個人が考えるSEOという概念とは違うと感じるのみです。違うものを非難しても意味はありませんし、非難したいとは思いません。

このスタンスがいいんですよね。
例えばホワイト側にたったらブラック側を叩き、ブラック側にたったらホワイトを叩き、みたいな風潮がどうも苦手だったので、「そういうのもあるけど、自分の考え方は違います」というのがすごく新しく、心を打たれました。

 

生まれる名言

久しぶりに感動したのでこんなtweetをしたところ、何人かの目に止まったらしくいくつかの奥深い名言が生まれました。

「僕が中古ドメインを取得するのは海外ヴィンテージドメインマニアだからです」で通る気がしてきた
(元tweet:https://twitter.com/takapon216/status/297560486633943042

Googleのガイドラインに沿って中古ドメインをどのように合理的に説明するのか、という話より。
中古ドメイン所有者の方はぜひ使ってみてください。

 
結婚相談所で相手見つけるのと、キャバクラで相手見つけるの、どっちでもいいと思うよ。
(元tweet:https://twitter.com/imadokiseo/status/297553596432674816

この枠の中にいるサイトは評価するよ、とGoogleが決めてて、その枠の中にどうやって入るか、だけの話。」というtweetの後のこのコメント。
分かりやすい。

 
おっぱいの定義にも当てはまるのかな
元tweet:https://twitter.com/kggan/status/297558777249538049

こ の 発 想 は な か っ た 。

その心はというと。

 

感服。

ブラック・ホワイトSEO論争を見て疲れた時はこういうユーモア心を思い出したいものですね。

※画像の元ネタ:リトルバスターズ!『リトルバスターズの名言集』