四つ話のクローバー
読了。
水野敬也さんの本ってメッセージ性が明るくてすごく好きです。

そして話の流れがシンプルで読みやすい。

 

目次

(四つの話で構成)
深沢会長の秘密
ハッピーコロシアム
見えない学校
氷の親子

 

気になったフレーズ

 

・人生で成功できるたった一つの法則

・想像をするということ

・自分を見つめ直す糧

・感謝とワクワク

・満足と欲望

・共感

・電車に乗る人には見えていないけど、みんなのことを考えてる人には見える景色とは?

 

感想

 

ネタバレが怖くて全然詳しく書けないですw

ただ、世の中の大事だと思われることをシンプルに捉え、それを一つの話として編み出していく手法はさすがとしかいいようがないです。
「行き詰まり感」や「閉塞感」を感じている時に一つの打開案としてこういった本を読むとヒントになりそう。
難しいこと考えて上手くいってないけど、実は結構物事はシンプルでそこを何とかすればいいんじゃないの、という優しいメッセージ。

こういった心意気を継続的に持っていけたらいいなと思うわけです。


コメントをどうぞ

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.