前回記事:モバイル検索の利用者比率を算出してみた【追記あり】

フラクタリストさんの元記事に言及しているブログがあったのでコメントしてみた。
主要なモバイル検索エンジンの比率|モバイル広告研究所の副所長兼シニアコンサルタント堂本健司のつぶやき

「実際にユーザーの占める使用率というのはどれくらいになるのでしょうか?」(コメント欄より)

キャリア別の実際の使用率はわかりませんね。
各キャリアからそのようなデータが出てくればいいのですが・・・。
auは検索エンジンにGoogleをいれたときに、公式と、一般とPCの利用率のデータはだしていましたが、2005年頃の話ですね。

その時は確か
公式:一般:PC=3:4:2だったと思います。
ここでの記事は参考程度ということでいいと思います。

ご返信ありがとうございます!

そして一応パターンとして3:4:2で先日の割合に当てはめてみる。

■iMenu検索

前回版(AOLの古いデータを無理やり当てはめたもの)と比較。

・前回
Imenu_aol

・戴いた2005年次のデータとの混ぜ合わせ
Imenu_2005

全然違う・・・!

■EzGoogle結果

・前回
Ezgoogle_aol

・戴いた2005年次のデータとの混ぜ合わせ
Ezgoogle_2005

やっぱり全然違う。

■結果(2005ver)
iMenu公式  14%
EzGoogle公式 7.9%
Yahoo!ケータイ 17.3%
gooモバイル 1.7+18.6=20.3%
GoogleMobile 10.6+15.8=26.4%
Yahoo!Mobile 7.8%

全然違う結果になってしまいました。
これを踏まえると一般サイト対策は必須(当然といえば当然なのかもですが)となりますね。

優先順位的には

GoogleMobile、gooモバイル、Yahoo!ケータイ、iMenu公式、EzGoogle公式、Yahoo!Mobile

となります。
iMenu公式の位置が低すぎるのでちょっと信憑性には欠けるかもしれません。
コメントのレスでも戴いたように「参考程度」なのかもしれませんね。


コメントをどうぞ

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.